1

2

2016年1月15日金曜日

SILVER BOX

キッチンで食事している時にふと見上げると、視界に入ってとても気になっていた物がありました。

電気のブレーカーボックスです。

 

白いプラスチックのボックスは、それほど大きな主張をしているわけではないので、人によってはそこにあることすら気付かないかもしれません。

でも、僕にとってはなんとも受け入れられない物でして…

 

良いアイデアが思いついたので、早速作ってみることにしました。

持っていた薄いトタン板を使って、カバーをつくることにしました。

 

1. 薄いので金切り鋏をつかって、紙のようにカットできます。

厚紙で箱を作るようなイメージで展開図をトタンに描きました。

 

2. 鉄の定規を折り線に合わせて手で曲げていきます。

写真では素手ですが、作業中は常に手袋を忘れずに。

 

3. 全ての折り線を曲げ終わりました。

 

4. 最初はボルトとナットで接合しようと思っていましたが、ブチルテーブで接着して目立たないようにすることにしました。

 

5. 四隅にテープを貼り終えました。あとはテープをめくって、引っ付けます。

 

6. 接着後は金槌で叩いて圧着。

叩き過ぎるとへこむので、ほどほどに。

 

7. 箱が完成しました。

マットな質感にしたかったので、少し研磨しました。

 

すぐに設置。

イメージ通りでなんとも嬉しい…

 

歪みのある手作り感いっぱいのカバーですが、優しいイメージにしたかったので丁度良いです。

使い古された出前の「おかもち」を連想させてくれます。(キッチンにぴったり!)

 

この銀の箱のおかげで、これからキッチンで思い存分食事を楽しめそうです。

 

青柳亮

3

4

5

6

7

horaana

滋賀県彦根市肥田町400

TEL/FAX 0749-43-3090

horaana   hora-audio.jp

@

©2017 horaana  all rights reserved

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。